« 中国GP | トップページ | 阪神の相手はロッテ »

2005年10月17日 (月)

首相の靖国参拝

小泉さんという人は、日本がアジアの中で重きを置かれたいとはこれっぽっちも思ってないのだな。裁判で負けたこの微妙な時期に、わざわざけんかを吹っかけるように参拝するというのは、よほどの事情があるのだろう。もしかしたら黒幕に、今日行けとでも突然いわれたのかもしれない。

 マスコミにわざわざ連絡していくというのは、どんな風に参拝しても、おおやけにして参拝し、事実をみんなに知ってもらいたかったからだろう。

 心の問題なら、ポロシャツでも着て、真夜中に人目につかないようこっそりと参るくらいのことをすればいいのに。それでは、黒幕に対して申し訳が立たないのだろうな。どんな弱みをつかまれているのだろうか。。。

|

« 中国GP | トップページ | 阪神の相手はロッテ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142945/6447898

この記事へのトラックバック一覧です: 首相の靖国参拝:

» 靖国神社を語る上での基本(1)A級戦犯とは [ニッポンのこれから]
靖国神社の問題では、反対派の多くの人が、「A級戦犯を合祀しているからいけない」と考えているようです。 では、A級戦犯の何が問題かと聞くと、「A級戦犯は戦犯の中でも最も悪い人たちだからだ」、という声が多く聞かれます。 しかし、A級戦犯の定義を正確に知っている人はそう多くありません。私も靖国神社に興味を持つまでは知りませんでした。では、A級戦犯とは本当はいったいどういうものなのでしょうか? ... [続きを読む]

受信: 2005年10月19日 (水) 20時51分

» 靖国神社を語る上での基本(0) 靖国神社の由来 [ニッポンのこれから]
靖国神社を語る際に、参拝賛成派も反対派もその建立の由緒については良く知らない人が多いです。なぜ靖国神社が建立されたかの背景を知らずに、靖国参拝の是非を論ずることはできません。それこそが、日本人の心の根幹に関わることなのですが…。 靖国神社とは1869年(明治2年)明治天皇により明治の新時代に生まれ変わる時に起こった内戦で失われた人達を祭るために東京招魂社として創建されました。もともとは、戊辰戦争で無くなった政府軍の戦死・病死者を祀るために創�... [続きを読む]

受信: 2005年10月20日 (木) 01時07分

« 中国GP | トップページ | 阪神の相手はロッテ »