« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月18日 (日)

浅田真央優勝!!

 フィギアスケートGPファイナルで15歳の浅田真央が優勝した。おめでとう。これでオリンピックに出られないというのは釈然としないが、ルールはルールということなのだろう。医学的見地からこのルールが定められているのでそうだが、それならシニアの大会自体に出場するのを制限するべきだろう。ほかの大会には出られるが、オリンピックと世界選手権だけには出られないとするから、こういうことになるのだ。

 このまま、オリンピックを迎えるとスルツカヤが少々気の毒になる。本人にとっては、オリンピックの金メダルは何物にも変えがたいものなのだろうが、金メダルをとってもずっと浅田真央が出なかったからだといわれるだろう。相手が、自らの都合で出場しないとか、引退したとかで、戦わないのとはわけが違う。毎試合毎にパーソナルベストを出し続けている、今年の新人が相手なのだ。できれば、オリンピックの場で戦ってすっきりと金メダルを取らせてあげたいものだ。浅田が出場したからといって、オリンピックで優勝できるとは限らない。しかし、これまでいつもオリンピックで彗星のごとく現れた選手に金をさらわれてきたスルツカヤである。堂々と、女王の貫禄で金メダルを取りたいのではないのだろうか。それとも金メダルさえ取れたら、後世何といわれようと金は金と思っているのだろうか・・・。

 浅田真央は、すごいのひとこと。しかも5コンポーネントの点を見る限りまだまだ伸びていくのは間違いない。これからどこまで行くのだろう。日本人にも、世界的レベルの妖精がいたのだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年12月17日 (土)

あ~増税!

 来年度から大増税が始まるのがほぼ確定した。せっかく景気が上向きかけたのに、また冷え込むのかなぁ。景気が上向いたといっても私の給料にまでは、反映されていない。それなのに、増税だけは、ストレートに反映されるのね。結局手取りは減るし、消費税も増やすつもりが見え見栄ということで、将来的な生活不安は倍増です。夫婦ともフルタイムで働いているので、急に生活に困ることはないけれど、財布の口は、堅くして少しでも節約をと思っています。

 テレビなんか、アナログ用はすごく安くなったけれど、地上波デジタル対応のものは、安くなったとはいえまだまだ高額で、いずれは買い換えなくてはならないというのが、お約束では、実質的な、大幅値上げ。洗濯機も乾燥機つきの機種が普及すれば、それまでの単機能の全自動型から大幅値上げになるし、安くなった、デフレ傾向などといっても、人の購買意欲をそそる新製品は、決して安くはない。同一性能で比較して、安くなったという言い方は少々まやかしだと思う。あと6年足らずで使えなくなる機能のものを比較して安いというのも・・・。

 また、生活が苦しくなる予感。宝くじあたらないかなぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

 なんか、毎年正月に甥っ子や姪っ子にあって、その成長振りに”おーっ大きくなったねぇいくつになった?”って感じの映画です。主役の三人だけでなく、周りの子供たちもそのままのメンバーで続いているので、なおさらそんな感じです。大人はあんまりかわらないから余計に子供の成長は早いなあと・・・。脇役にもなかなかステキな青年になりそうという気のする少年もいたりして、楽しみなことです。

 ストーリーは、原作に忠実にでも、映画用にはしょっているから、印象が多少変わっているようにおもいますが、うまいつくりになっています。原作を読んでいないつれあい(映画はみんな見てます)も十分楽しんでました。でも、毎回思うことですが、原作を読んでいるのが当然として作ってあるように感じます。読んでるほうが絶対よくストーリーがわかる。

 ハリーは、だいぶ大人になって初恋だってするし、ロンとハーマイオニーの微妙な恋の行くへはいかにという興味はこれからも続きそうですが、素直ないい子に育っているものの、いまいちハリーのすごさが伝わりません。本人が自覚していないせいだけではなく、ホントに両親の愛の力だけで、乗り切っているようで、ヴォルデモートも本気でハリーと勝負するのが不思議な気がします。ハリーの両親はホントに偉大な力を持ってたのね。というところでしょうか。

 映像はなかなかすごくて、手に汗握る場面も多数。ラストが暗くなってしまいましたが、これは、この先のお話ももっと暗くなっていくぞという予告みたいです。まぁ仕方ないか。この先ハッピーな気分で終われるのは、ラストストーリーまでお預けなのでしょう。次回も見に行くなら、原作を読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

ガンバ優勝おめでとう!!

 試合見ていて浮かれ騒いでしまいました。Jリーグ創設以来、練習を見ることもできる一番身近なチームとして応援してきたので、とってもうれしいです。ほんとうにおめでとうございます。

 この大事な試合で恒さまのゴールを見ることもできたし、もういうことなしです。夏以降優勝の期待と、不安が交錯しながら応援して来ましたがそれも今日で終わり。チームの皆さま、これからひとしきりテレビなんぞに引っ張りまわされるのでしょうが、ファンのためだと思って少し我慢してくださいませ。今頃は、勝利の美酒に酔っておられるのでしょうねぇ。

 すでに恒さまのブログが更新されたいて、ファンを大事にしてくれてるなぁとまたまた感激。試合終了時の男泣きの恒さまを後から何度も繰り返して見て、スポーツニュースの笑顔を見て、あ~ほんとに優勝したんだなぁと喜びにひたってます。

 点はたくさん取るけど、取られるのも華々しくて、なかなか優勝までの道のりは険しいものがありましたが、そこがガンバのいいところ。点の動きの少ないサッカーで、やっぱりゴールの瞬間をたくさん見られるというのは(たとえたくさん取られても)応援のしがいもあるというもの。これからは、鉄壁とはいいませんが、もっとディフェンスを鍛えて常勝ガンバになってくださいませ。期待してます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

12月がやってきた!

 今年もとうとう師走がやってきた。急に寒くなった陽気と、この間の雨で、家の周りの木々もあわてたように葉を落とし冬支度というような様子をしている。私は、夏よりは冬の方が好きなので、寒い寒いといいながらも内心寒くなるのを喜んでいるところがある。寒い中に出て行くのはそんなに好きではないけれど、ウィンタースポーツは、するのも見るのも好き。夏のスポーツは暑くて嫌い。(実はほとんどかなづち) 寒ければいっぱい着込んで、家の中をのしのしと動いてたっていいけれど、暑いと服はある程度以上脱ぎようがないし、クーラーにあたりすぎるのも疲れるし。好みの問題ではあるけれど・・・。

 今年も1年が終わるんだなぁと少し感傷にふけってみる。身の回りを見回すとPC環境が劇的に変わった。職場も家庭も。今まで億劫で手の出なかったことにもチャレンジできるようになったし、スキルもだいぶアップしたかも。今の職場で3度目の暮れが来ようとしているが、そろそろ、たまっている職場の垢を落として、次の転勤を待ち遠しく感じている。年が明けたら、ラストスパートをかけるためにも、この12月を有意義に過ごさなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »