« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月21日 (土)

ミュシャ展

 だいぶ前の話なのだが、元日にミュシャ展に行ってきた。なぜ、急に思い出したかというと、朝日新聞に、展覧会についての評が出ていたからである。もうすぐ終わりというころになって、出さなくてももう少し前でも良かったのでは、と思うが、結構好意的だった。

 で、私の感想。良かったです。芸術に対する解説や、批評は専門家に任せるとして、特にパリの時代のポスター類がホントによいなあ。部屋に1枚あったらと思ったが、売店で、復刻版のリトグラフが30ん万円とか、80ん万円とか。ポスターやろ~ッということで、あきらめました。印刷ならとっても安いけど、原画と色がぜんぜん違う。みんな明るく仕上げてあって、黄緑が黄色に、濃いオレンジもきいろにっていう感じです。こんなんじゃないっ!!この後、ミュシャのデザインのカトラリーのセットが、8千円ぐらいで買えちゃうのをみて、安い!!(どこが?)と買ってしまった。簡単に乗せられてしまう自分がいやだぁ~。という今年の始まりでした。

 今年から美大に行っている下の娘と一緒に美術館に行ったので、さすがに1年間でいろいろ学んでいるらしく、この時代の流行など解説してくれて面白かった。正月に美術展に行く人も少なくて、ゆったりと鑑賞できたが、結構二人の声が大きくなって、係の人の顔がぴくぴくしていた。ごめんなさい。この娘は、私と感性が似たところがあるので、あとからの感想は、似たもの同士の「そうよねぇ~」の連発になるが、相乗効果で、ミュシャの私生活への想像など、どんどんエスカレートしていく。お気楽なティータイムでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

竹野へかにツアー

 今年最初の更新です。あけましておめでとうございます。

 七草の祝いをした後、家族で竹野に課にツアーに行きました。大雪の中どうなることかと思いましたが、10年以上毎年通いなれた場所。そこは経験がものをいい、雪の影響をあまり受けず、予定通り無事到着。

  IMG_3236コースは、大阪から、中国自動車道福崎ICから和田山経由竹野行き。雪の季節はこれが一番。カーナビは、舞鶴自動車道福知山ICから山越えを薦めていましたが、これまでの経験から言うと無謀としかいえないなぁと感じていたので・・・。結果は、播但自動車道はほとんど通行止めになっていたものの、一般道は、しっかり除雪されていて、信号も少ないので、まわりに雪はたくさん積もっていたものの、大変快適なドライブでした。(もちろんチェーンは必需品(^^;))今回は、スタッドレスタイヤだったのでほんとに快適。ちなみに、同じ宿に福知山から但東町まわりできたひとたちもいましたが、本当に雪に困ったようでご苦労様でした。わがやも、これまで何度もあっち周りで苦労した経験があるので、なんか命がけって体験も。冬は、カーナビがなんと言っても福崎、和田山ルートです。

 竹野は、風が強くて寒いものの、雪は少なく、雪化粧した町や自然がきれいだなって感じぐらいでしたが、多少雪がつもってても、自転車で往来している人たちに少しびっくり。慣れてらっしゃるんでしょうが、よくこけないものだなぁと感心しました。かには、茹でがに、焼きがに、かにすき、かにさしとほんとにフルコースでご馳走になり、今年の分はもう十分堪能しました。また来年いくぞ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »