« 竹野へかにツアー | トップページ | ケアンズで遊んじゃった »

2006年1月21日 (土)

ミュシャ展

 だいぶ前の話なのだが、元日にミュシャ展に行ってきた。なぜ、急に思い出したかというと、朝日新聞に、展覧会についての評が出ていたからである。もうすぐ終わりというころになって、出さなくてももう少し前でも良かったのでは、と思うが、結構好意的だった。

 で、私の感想。良かったです。芸術に対する解説や、批評は専門家に任せるとして、特にパリの時代のポスター類がホントによいなあ。部屋に1枚あったらと思ったが、売店で、復刻版のリトグラフが30ん万円とか、80ん万円とか。ポスターやろ~ッということで、あきらめました。印刷ならとっても安いけど、原画と色がぜんぜん違う。みんな明るく仕上げてあって、黄緑が黄色に、濃いオレンジもきいろにっていう感じです。こんなんじゃないっ!!この後、ミュシャのデザインのカトラリーのセットが、8千円ぐらいで買えちゃうのをみて、安い!!(どこが?)と買ってしまった。簡単に乗せられてしまう自分がいやだぁ~。という今年の始まりでした。

 今年から美大に行っている下の娘と一緒に美術館に行ったので、さすがに1年間でいろいろ学んでいるらしく、この時代の流行など解説してくれて面白かった。正月に美術展に行く人も少なくて、ゆったりと鑑賞できたが、結構二人の声が大きくなって、係の人の顔がぴくぴくしていた。ごめんなさい。この娘は、私と感性が似たところがあるので、あとからの感想は、似たもの同士の「そうよねぇ~」の連発になるが、相乗効果で、ミュシャの私生活への想像など、どんどんエスカレートしていく。お気楽なティータイムでした。

|

« 竹野へかにツアー | トップページ | ケアンズで遊んじゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142945/8255362

この記事へのトラックバック一覧です: ミュシャ展:

« 竹野へかにツアー | トップページ | ケアンズで遊んじゃった »