« 春に | トップページ | 阪神のゆくへ »

2006年4月 8日 (土)

花見だ、花見

 桜の花は今が盛りである。今日は、大川の河川敷の桜の下を歩いた。夕方、これから会社の歓迎会を兼ねた夜桜の宴で盛り上がろうという人たちでいっぱいの中歩いたのだが、桜はどうしてまぁ毎年あんなに臆面もなく美しく咲くのだろうか。
 年々歳々花相似たりというが、毎年いろいろなところで花見をするし、こちらは人同じからずなので、見るたびに感慨が違う。しかし結局は、まああんなに恥ずかしげもなく美しく咲いて・・・と思ってしまうのだ。060407_18122
これは、大川の夕景。桜と夕日がコントラストよく大変美しかった。
この川は、朝晩いろいろな姿を見せるが、四季を通して夕景が一番美しいと思う。この辺りを通勤経路として歩くようにならなければ、気がつかなかったことであるが。もう少し西の中ノ島辺りまで行くと風向きや潮の満ち干によっては、磯のにおいが運ばれてくる。改めて海に面した街なのを実感する。ユリカモメもやってくるし。普段は、ビルの谷間をうろうろしているだけの私だけれど、これで季節感は満喫した。

|

« 春に | トップページ | 阪神のゆくへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142945/9480797

この記事へのトラックバック一覧です: 花見だ、花見:

« 春に | トップページ | 阪神のゆくへ »