« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月28日 (日)

ダ・ヴィンチ・コード

初日の朝一番の回に行ってきたのですが、案外すいていたのでゆったり見てきました。

 原作は、だいぶ前に読んでいたので、少々忘れていたところもありましたが、ほぼ忠実に筋を追って映画化されていました。少々長いのでだれてくるかと思っていましたが、最後まで、しっかりひっぱて行ってくれて、眠くなることもなく面白く観られました。よくできたミステリーだなぁと感心。ほとんどの日本人にとって、カトリックの解釈はそれほど重要ではなく、筋立ての面白さが大事なんではないでしょうか。中で出てくるイエスが神かどうかなどを、ニケーアの公会議で決めたというのは高校の世界史で出てきた話だし、いまさら世界中で物議をかもすようななぞかしらという感じだし、聖書を先入観無しに読めばマグダラのマリアがイエスの女でも別にとりたててという感じなんですが。まぁ聖ペテロが初代の法王という立場のカトリックでは認めがたいのかも知れませんが、あくまでフィクションとして楽しめるというのは門外漢だからでしょうか。

 いろんなところで現実との矛盾があってわらっちゃった。純然たるミステリーとしてはよくできていたし、名画めぐりの楽しさを味わった映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »