« 芸術の秋 | トップページ | 結婚記念日 »

2006年10月29日 (日)

紅葉狩りにはまだ早い

 突然ドライブに行きたくなって、家族を誘って奈良公園へ。昨日決めたときは、行く気になっていた上の娘は、脱落し、下の娘と3人で行ってまいりました。朝起きて、いいお天気だし今日はグッデイと思いながらも、あそこは込むからなぁと気がついた。そこから、お弁当を作り始めました。で、お弁当もってピクニック。

 只今、国立博物館で、正倉院展をしていて、ただでさえ多い奈良の休日の人出が、もうすご~い状態です。家から現地まで車だと1時間もかからないのに、とめるところを探してもう30分という感じでした。

 少し人の少ないところを探して、公園内でお弁当。わりとゆったりした時間をすごして、正倉院展へ。たくさんの人が行列していたわりには、30分程度で中に入れて、中では好きなように観ることもできてうまく展示してあるなぁというのが第1の感想。でも、それは展示物が少なめであるということでしょうね。

 1250年前のものを目のあたりにする機会なんてそうないから、じっくり見ました。なんといっても、保存のよさに感心しきりです。布地の色の鮮やかさ。鞍橋などの馬具の木材の表面の加工の滑らかさ。デザインの美しさ。それらが今もほとんどそのまま、という状態で歩保存されてきたというのは、すごい。そのころの技術の超一級のものではあるのでしょうが、すでにそのころそこまでの技術力があったということなのでしょうから、う~ん手工芸の技術というのは、個人の技の完成度という面もあるから、どこまでいっても、その時代の最高の技術は、次の時代も個人レベルなら、最高レベルということなのかもしれません。技術の進歩と、個人の手わざのレベルの進歩は比例するわけではないもんなぁ。

 先ほどベランダから上弦の月をみていて、あの月が、1250掛ける365回登って沈んだんだなぁと少々感傷的になりました。地球の歴史にしたら一瞬ではあるのですが、それでも、あの布の紅は、鮮やかでした。

 少し高揚しているナンキンハゼの気もありましたが、まだまだ紅葉狩りには早い奈良公園周辺でした。

|

« 芸術の秋 | トップページ | 結婚記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142945/12480063

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉狩りにはまだ早い:

« 芸術の秋 | トップページ | 結婚記念日 »