« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月19日 (日)

エラゴン

 ドラゴンライダーの第一部を読み終わりました。不思議な縁でドラゴンの卵を手に入れた少年が、その卵の中のドラゴンに選ばれて、ドラゴンライダーとして育ち、世界の運命を握るものとして成長して行く話。指輪物語に代表される西洋のファンタジーに出てくる魔法の世界のお約束の登場者は、きっちり踏まえたうえで、独自の世界を描いているんですが、これが17歳の作品とは恐れ入りました。たとえこれ1作で終わっても天才というのはいるもんだと思いました。少年の内側から物語世界を見ているような感覚、ストーリーの組み上げかたのすごさ、作者と主人公の年齢が近いことがプラスに働いていて、本当に読者も同化させてくれます。ただ、大人たちの心の動きや恋愛模様は、やっぱり描き出すのが難しそうですが。これから、作者の成長とともに、作品も第二部、第三部と進んで行くので、その成長が楽しみです。

 まるで、生み出されてすぐ、古典の名を手にいれたかのような扱われ方で、映画にも取り上げられ、評価はこれからだと思うのですが、指輪物語以降次々出版される新しいファンタジーの中では出色の出来だと思います。ファンタジーの古典となるであろうこの作品が、生み出されるその同時代に、手に取ることのできる幸せを感じます。指輪物語やゲド戦記も作者が生きた同時代の空気を吸いながら、物語を読める幸せを感じたものでしたが、作者はもうすでに、作家として大成していたわけで、このさくひんのように成長過程にある作家と同時代性を感じることができて、とってもうれしい。同時に、現在この作家とと同じ年代でこれを読める人は、もっと幸せだなぁと思わずにいられません。

 早く第三部が完成することを待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

秋本番

 先週のに日曜日にコスモスを見に行って来た。つれあいと二人でサイクリングがてら、コンビニでおにぎりとお茶を買って、1時間ほど自転車で走ったところにあるコスモス畑である。Cimg1710 なかなかの人出ではあったけれど、思いのほか広いところでゆったりと歩いて廻った。天気もよくて、トレーナー1枚でも汗ばむくらいで、満開のコスモスをながめて、今年は、なかなか秋にならないと思ってたけれど、こうして花をみてたら、秋だねぇなどと脳天気なことを話していた。

 1週間経ったら、秋本番というよりさすがに11月も中旬。開きど真ん中という感じになってまいりました。家のそばのケヤキの樹も今年は紅葉がとっても見事で、急に朝晩の冷え込みが厳しくなったから、黄色や赤の葉っぱが一段と鮮やかです。去年は、高揚せずに散るとか、葉が枯れたようになっても散らないとかで、温暖化のせいか、などと騒がれていたように思いますが、今年もいつまでも寒くならないなあと言っていたのに、木枯らしは急にやってきて、平年より早いし、もみじもきれい。適当に騒いでみても、自然の営みというのは、急に変わるものでもなさそうだなあ。

 この冷え込みで、少々体調を崩してしまったが、今週は家で、読書の秋を堪能することにしました。やっと「ドラゴンライダー」買いました。あまりの分厚さに購入をためらっておりましたが、立ち読みしながら、長らく逡巡していたのですが、文庫本になったので、これなら読めると買ったものの、続編も読みたくなって、結局分厚いハードカバーも購入してしまいました。今、読破中です。感想は来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

結婚記念日

 11月3日は文化の日、ではあるけれど、結婚記念日でもある。この日は、祝日だからずっと休日になるなぁと、結婚した当初は思っていたが、何のことはない、つれあいも、娘も仕事に出て行った。私はといえば、仕事を持って帰ってパソコンに向かっている始末。
 何でこういうことになるんだろうか。幸い?今年は3連休なので、まだ休みはあるけれど、肝心の日はかくて過ぎてしまったのでありました。

 今夜は十三夜だそうで、ススキを買って、お月様をベランダからめでました。冴え渡ったそらに本当に明るい月が輝いていましたが、今年はあったかくて、ひんやりとした空気の厳しさはなく、お月様をじっと見ていてもいい感じです。床の間のススキもちょっといい感じ。とりあえず私のお持ち帰りの仕事は片付いたので、ちょっとゆとりの気分です。仕事が一段落して、本当に明日も休みという気分になったのは、久しぶりなので、今の時間はずっととまっていてくれたらいいのに、って感じ。(ここしばらくは、連休があっても、精神的に仕事に追い詰められていたような気分がずっとあって、休んだ気にならなかったので)

 我が家では野球の季節が終わって、スケートの季節が始まりました。家族でワイワイできる幸せをかみしめております。北朝鮮がどうのこうの、アメリカがどうのこうの、単位不足がどうたらこうたら、という世間のニュースが騒がしくても、今の小市民的幸せは揺るぎそうもありません。この手のニュースもワイワイのねたにはなっているんですが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »