« 2006年11月 | トップページ

2006年12月25日 (月)

クリスマスの定番

 今年もM-1グランプリがやってきた。我が家は、みんな漫才が好きで、この番組は毎年録画して何度も繰り返し楽しんでいる。クリスマスの日には、家族でクリスマスディナーを食べながら、楽しく過ごすのにもってこいの番組として、我が家の定番となっている。今年もメーンディッシュはローストチキンだったのだが、決勝のころにはそれも食べ終わり、ケーキを食べるまでの、ひと時を、テレビにかじりついて笑うわけ。Cimg1855

 長女は今年はチュートリアルに力を入れていたので、優勝して大喜び。ダントツの力を見せ付けての優勝でほんとに笑わせてもらいました。徳井さんの壊れ方が鬼気迫るものを感じるので、涙を出して笑ってしまいました。このビデオはこの先何度も笑わしてくれるでしょう。この番組を見ていると、その1年間に力をつけて、驚くほど伸びていったコンビが一線を越えて優勝していく様子が毎年繰り返されていて、そのグンと延びた年にチャンスをものにできるかどうかが大きく左右しているんだなと思います。自分がぐんと伸びても他のコンビがもっと伸びていたら抜き去られて行くわけだし、運命の厳しさを感じてしまいます。それだけに応援しているコンビが優勝したときの喜びはひとしおのようです。私は、ともかく面白く笑わせてくれるチームが優勝すれば何の文句もありませんが、芸風には好き嫌いがあって、優勝しても笑えるとはかぎらないもので・・・。

 今年再び出場して、決勝で敗れたフットボールアワーの厳しい表情が印象的でした。明らかにチュートリアルは、ついに彼らを抜き去っていったという印象を与えたので、これからの仕事の評価の上でも厳しくなるのはわかっているだろうし。優勝して再出場というのはかなりリスキーだなと感じました。麒麟や笑い飯に負けてもそうは思わなかっただろうとは思いますが、吉本ではよく似たポジションにいながらも、絶対上位に位置していたはずのチュートリアルに抜かれるというのはきついだろうなぁ。しかも完敗。来年はどうするのだろう。再挑戦して、もう一度力を見せ付けるのか・・・。

 もうひとつ、力を見せ付けて抜き去っていったのが、ディープインパクト。本当に飛ぶように駆け抜けていきました。もうあの走る姿を見られないのかと思うと残念です。本当にぶっちぎりの強さで、最後方から飛び出して行く姿は、毎回うなってしまいましたが、強いなぁとしか言葉が出ませんでした。それに付けてもサンデーサイレンスの血の力。もう、その子供たちが出てくることはなくなるのかと思うと、残念ですが、ディープが種牡馬になって、結果の出せる子馬にその血が受け継がれて名勝負が再び見られることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

デジタルテレビがやってきた!?

 我が家についにデジタルテレビがやってきた。だいぶ安くなったので、今年は冬のボーナスで、と以前から計画していたのでが、なんとボーナスのローン返済を済ませてみると、残額は5万円ほど。これではとても無理とあきらめていたが、年末調整で思いのほか戻ってきたので何とか調達に成功して本日我が家にご到着。

 画面がきれいで、チャンネルも多くて、いろいろデータも取れる。ケーブルテレビを利用している人にとっては、珍しくないサービスも多いと思うが、今までアナログテレビのみを利用してきた身としては、すご~いと思うことばかりである。・・・・・・・・でも、どう使えばいいのかよくわからないというのが本音か。これまでどおりのテレビとして使うには、高いと思うが、使い方がよくわからないというのは、これはまだまだ一般に普及して行かないんじゃないだろうか。ともあれ、今はスカパー110もWOWWOWもお試し期間中でどの番組も見れるので、じっくり試してみようかな。NHKもすっかりゴーストの無くなったきれいな画面になったので、まじめに衛星契約をしなくちゃいけないなぁと思っています。観たいかもしれないと思いながら、BSやCSの契約をしたら、毎月10000円にはなりそう。老後の楽しみというわけにはいかないようになっているのね。

 これからは、きれいな画面でビデオやDVDも楽しめるようになったので、見たい番組の無い日でも、退屈せずにすみそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

犬神家の一族

 いわずと知れた横溝正史の金田一耕助シリーズの市川監督による映画化第1作の再映画化版です。主演・監督が同じで、ロケ地も同じってすごいなぁとおもうが、石坂浩二は、青年が万年青年と呼ばれるものになるとはこういうことかというのを如実に見せてくれました。

 私は最初の方が好きです。理由は、金田一が若いから。そして、雰囲気がもっとおどろおどろしくて、惨劇の起こりそうな雰囲気がよく出ていて、これならこんな事件が起きてもさもありなんと納得させられました。今回の作品は、なんだか総てが透明感があって明るいような気がします。舞台に厚みが無いっていうかさらっとしすぎているような気がするのですが・・・。これも金田一が「おじん」になって達観しているせいかも。その目を通してみたら、最初の作品も今回の作品も、それぞれの世代の人物が見ているわけだから、同じ事件でもそのように見えるのかもしれませんが、物足りなく感じたのは、私だけでしょうか。まぁ焼き直しなわけで、主演が同じなので、もっと何かを期待したのが悪いのか。豪華キャストなのだが、凄みに欠けるような怖さが足りないというか。

 石坂浩二自体が、人生のいろんな経験を顔に刻んでいて、若かったころのすっきり二枚目の顔ではなくなっているので(吉良上野介の役をやってもすんなり似合ってしまう顔になったわけだから)、全体にすっきりしちゃった殺人事件と対したとき、すっきり二枚目の若き石坂浩二がおどろおどろしく描かれた事件と対峙していたころとは比べ物にならない物分りのよさというか、事件の扱いの軽さというものを感じてしまいました。万年青年というのは、ある意味残酷な言葉で、こういわれたら、「お前は若くない」もしくは「おっさん」といわれているわけだもんなぁ。

 映画館は、懐かしさで観に来ましたというおじさんが多かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

娘の振袖姿

 先週、下の娘の成人式の写真の前撮りなるものをしました。成人式の日にきれいな振袖姿を写真に撮っている暇は無い。というわけで、事前に振袖の着付けをして写真に収めておこうというわけですが、上の娘も、以前の写真は気に入らないということで、もう一度取ることになっちゃいました。ホテルの写真室で取ろうということになり、まぁ目が飛び出るほどの出費になりましたが、一生に一度?の晴れ姿だしなぁ、えいってなもんです。

 姉妹で振袖を着た写真が取れるのも今のうちだし、並んでいる姿を見ると、親としては感慨深いものがあります。下の娘も二十歳だし、これでやれやれ責任は果たしたという思いと、若さをまぶしく感じる気持ちと。のほほんと親をやってきて、わが子ながらうまく育ったなぁとしみじみしておりました。つれあいは、二人の娘の間に納まって、まぁなんと幸せそうな顔をしていること。これが嫁にでも行くということになたら、どんな顔になるんだか?

 台紙に収まった写真が、いまどき見合い写真になるわけでもないが、きれいに取ってもらって、残しておきたいものは、残しておきたい。二人の娘の個性はびっくりするほど違うのだが、写真というのは怖いもので、それがよく現れています。上の娘が二十歳のときの写真は、初々しいけどもっとほんわかと落ち着いていたと思うのに、下の娘は、いまだに千歳あめを持たしたいようなお譲ちゃんであります。天真爛漫。親は変わらないんですが、下の方の育て方は、だいぶ手を抜いていたからなぁ。初めての子育てで上の娘は少々窮屈な思いをさせてしまったのでしょう。

 いまさら良い悪いをいっても仕方がありませんが、子供は自分で育っていくもんだということを知ったのは、子育てもだいぶ経ってからだから、今、悪戦苦闘しているお母さんたちにも、無理はしなくていいよと教えてあげたいです。ただ、産んだ責任だけは肝に銘じておきましょう。生まれた方には責任はありません。その命を大切にしてあげてください。成長した娘たちを眺めているのは幸福です。いろんなことを思いながら育ててきましたが、ここまでたどり着けてラッキーっていう感じでしょうか。それにしても、娘というのは金食い虫です。私も三姉妹でしたが、良くぞ親ががんばってくれたなぁと、ほんとに子を持って知る親の恩、感謝しております。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ