« デジタルテレビがやってきた!? | トップページ

2006年12月25日 (月)

クリスマスの定番

 今年もM-1グランプリがやってきた。我が家は、みんな漫才が好きで、この番組は毎年録画して何度も繰り返し楽しんでいる。クリスマスの日には、家族でクリスマスディナーを食べながら、楽しく過ごすのにもってこいの番組として、我が家の定番となっている。今年もメーンディッシュはローストチキンだったのだが、決勝のころにはそれも食べ終わり、ケーキを食べるまでの、ひと時を、テレビにかじりついて笑うわけ。Cimg1855

 長女は今年はチュートリアルに力を入れていたので、優勝して大喜び。ダントツの力を見せ付けての優勝でほんとに笑わせてもらいました。徳井さんの壊れ方が鬼気迫るものを感じるので、涙を出して笑ってしまいました。このビデオはこの先何度も笑わしてくれるでしょう。この番組を見ていると、その1年間に力をつけて、驚くほど伸びていったコンビが一線を越えて優勝していく様子が毎年繰り返されていて、そのグンと延びた年にチャンスをものにできるかどうかが大きく左右しているんだなと思います。自分がぐんと伸びても他のコンビがもっと伸びていたら抜き去られて行くわけだし、運命の厳しさを感じてしまいます。それだけに応援しているコンビが優勝したときの喜びはひとしおのようです。私は、ともかく面白く笑わせてくれるチームが優勝すれば何の文句もありませんが、芸風には好き嫌いがあって、優勝しても笑えるとはかぎらないもので・・・。

 今年再び出場して、決勝で敗れたフットボールアワーの厳しい表情が印象的でした。明らかにチュートリアルは、ついに彼らを抜き去っていったという印象を与えたので、これからの仕事の評価の上でも厳しくなるのはわかっているだろうし。優勝して再出場というのはかなりリスキーだなと感じました。麒麟や笑い飯に負けてもそうは思わなかっただろうとは思いますが、吉本ではよく似たポジションにいながらも、絶対上位に位置していたはずのチュートリアルに抜かれるというのはきついだろうなぁ。しかも完敗。来年はどうするのだろう。再挑戦して、もう一度力を見せ付けるのか・・・。

 もうひとつ、力を見せ付けて抜き去っていったのが、ディープインパクト。本当に飛ぶように駆け抜けていきました。もうあの走る姿を見られないのかと思うと残念です。本当にぶっちぎりの強さで、最後方から飛び出して行く姿は、毎回うなってしまいましたが、強いなぁとしか言葉が出ませんでした。それに付けてもサンデーサイレンスの血の力。もう、その子供たちが出てくることはなくなるのかと思うと、残念ですが、ディープが種牡馬になって、結果の出せる子馬にその血が受け継がれて名勝負が再び見られることを祈ります。

|

« デジタルテレビがやってきた!? | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142945/13191616

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスの定番:

« デジタルテレビがやってきた!? | トップページ