« エラゴン | トップページ | 犬神家の一族 »

2006年12月11日 (月)

娘の振袖姿

 先週、下の娘の成人式の写真の前撮りなるものをしました。成人式の日にきれいな振袖姿を写真に撮っている暇は無い。というわけで、事前に振袖の着付けをして写真に収めておこうというわけですが、上の娘も、以前の写真は気に入らないということで、もう一度取ることになっちゃいました。ホテルの写真室で取ろうということになり、まぁ目が飛び出るほどの出費になりましたが、一生に一度?の晴れ姿だしなぁ、えいってなもんです。

 姉妹で振袖を着た写真が取れるのも今のうちだし、並んでいる姿を見ると、親としては感慨深いものがあります。下の娘も二十歳だし、これでやれやれ責任は果たしたという思いと、若さをまぶしく感じる気持ちと。のほほんと親をやってきて、わが子ながらうまく育ったなぁとしみじみしておりました。つれあいは、二人の娘の間に納まって、まぁなんと幸せそうな顔をしていること。これが嫁にでも行くということになたら、どんな顔になるんだか?

 台紙に収まった写真が、いまどき見合い写真になるわけでもないが、きれいに取ってもらって、残しておきたいものは、残しておきたい。二人の娘の個性はびっくりするほど違うのだが、写真というのは怖いもので、それがよく現れています。上の娘が二十歳のときの写真は、初々しいけどもっとほんわかと落ち着いていたと思うのに、下の娘は、いまだに千歳あめを持たしたいようなお譲ちゃんであります。天真爛漫。親は変わらないんですが、下の方の育て方は、だいぶ手を抜いていたからなぁ。初めての子育てで上の娘は少々窮屈な思いをさせてしまったのでしょう。

 いまさら良い悪いをいっても仕方がありませんが、子供は自分で育っていくもんだということを知ったのは、子育てもだいぶ経ってからだから、今、悪戦苦闘しているお母さんたちにも、無理はしなくていいよと教えてあげたいです。ただ、産んだ責任だけは肝に銘じておきましょう。生まれた方には責任はありません。その命を大切にしてあげてください。成長した娘たちを眺めているのは幸福です。いろんなことを思いながら育ててきましたが、ここまでたどり着けてラッキーっていう感じでしょうか。それにしても、娘というのは金食い虫です。私も三姉妹でしたが、良くぞ親ががんばってくれたなぁと、ほんとに子を持って知る親の恩、感謝しております。ありがとう。

|

« エラゴン | トップページ | 犬神家の一族 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142945/13020883

この記事へのトラックバック一覧です: 娘の振袖姿:

« エラゴン | トップページ | 犬神家の一族 »