2006年10月 7日 (土)

芸術の秋

 今週は火曜日から東京に行ってました。で、時間を見つけて、山種美術館で開催中の「竹内栖鳳と弟子たち」展を見てまいりました。無知なもので京都画学校を創設に尽力した人、とか上村松園の師で文化勲章取った人といった認識しかなく、これまでも、展覧会でそれほどの意識を持ってみていなかったのですが(お恥ずかしい限り)、かなり弟子をたくさん持っていた方なので、明治から昭和にかけての日本画をいろいろ見られるかなというくらいの気持ちで行きました。
 感想はというと、「ほんとにいいもん見せてもろたあ」に尽きます。こじんまりとした、空間で、それほどたくさんの人が入っているわけでもなく、なんと贅沢な時間を過ごさせてもらったことでしょうか。眼福とはこういうことをいうのかと思ったりして。栖鳳と弟子たちというテーマで、そうそうたる画人たちの作品が並んでいたのですが、日本画と一口で言ってもその幅の広さ、個性の豊かさ。これらの人の個性を自在に伸ばしていった栖鳳の懐の深さを、作品を見ることで感じることのできる展覧会でした。一番良かったのはと、いえば、松園の大ファンとしては、松園の「蛍」といいたかったところですが、栖鳳の「かえる」をずっと眺めておりました。今にも出てきそうな躍動感あふれるかえるたちは、夢に出てきそうです。もちろん気持ち悪いんじゃありません。写生を重んじた人ならでは、の作品でただただすきだなぁと思ってみていました。
 家に帰って、下の娘にいいもの見てきたとはなしたところ、またまた周辺事情もいろいろ教えてくれて、芸大生が家にいるのもほんといいもんだと思っている次第。「京都や大阪で、あの展覧会やったら、もっと人がわんさか来るよなぁ」といったら、「あそこの美術館は、自前でそういう特別展ができるの。宣伝してたくさん来てもらわなくても、自分のところに持っている日本画を地方の美術館が特別展をするときに貸し出してその収入で十分運営できるから」といわれてしまった。私も絵を見ているときに、これ全部持ってるってすごいなぁどれほどの資産やろうとチラッと思ったので、やっぱりと思ったけれど、こじんまりとした空間で、何気なくあんなにゆったりと見せてもらえるなどというのは、東京の方ってやっぱり恵まれてますね。竹内栖鳳のファンになって戻ってまいりました。ほんにいいもん見せてもろたぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

ミュシャ展

 だいぶ前の話なのだが、元日にミュシャ展に行ってきた。なぜ、急に思い出したかというと、朝日新聞に、展覧会についての評が出ていたからである。もうすぐ終わりというころになって、出さなくてももう少し前でも良かったのでは、と思うが、結構好意的だった。

 で、私の感想。良かったです。芸術に対する解説や、批評は専門家に任せるとして、特にパリの時代のポスター類がホントによいなあ。部屋に1枚あったらと思ったが、売店で、復刻版のリトグラフが30ん万円とか、80ん万円とか。ポスターやろ~ッということで、あきらめました。印刷ならとっても安いけど、原画と色がぜんぜん違う。みんな明るく仕上げてあって、黄緑が黄色に、濃いオレンジもきいろにっていう感じです。こんなんじゃないっ!!この後、ミュシャのデザインのカトラリーのセットが、8千円ぐらいで買えちゃうのをみて、安い!!(どこが?)と買ってしまった。簡単に乗せられてしまう自分がいやだぁ~。という今年の始まりでした。

 今年から美大に行っている下の娘と一緒に美術館に行ったので、さすがに1年間でいろいろ学んでいるらしく、この時代の流行など解説してくれて面白かった。正月に美術展に行く人も少なくて、ゆったりと鑑賞できたが、結構二人の声が大きくなって、係の人の顔がぴくぴくしていた。ごめんなさい。この娘は、私と感性が似たところがあるので、あとからの感想は、似たもの同士の「そうよねぇ~」の連発になるが、相乗効果で、ミュシャの私生活への想像など、どんどんエスカレートしていく。お気楽なティータイムでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)