2006年11月12日 (日)

秋本番

 先週のに日曜日にコスモスを見に行って来た。つれあいと二人でサイクリングがてら、コンビニでおにぎりとお茶を買って、1時間ほど自転車で走ったところにあるコスモス畑である。Cimg1710 なかなかの人出ではあったけれど、思いのほか広いところでゆったりと歩いて廻った。天気もよくて、トレーナー1枚でも汗ばむくらいで、満開のコスモスをながめて、今年は、なかなか秋にならないと思ってたけれど、こうして花をみてたら、秋だねぇなどと脳天気なことを話していた。

 1週間経ったら、秋本番というよりさすがに11月も中旬。開きど真ん中という感じになってまいりました。家のそばのケヤキの樹も今年は紅葉がとっても見事で、急に朝晩の冷え込みが厳しくなったから、黄色や赤の葉っぱが一段と鮮やかです。去年は、高揚せずに散るとか、葉が枯れたようになっても散らないとかで、温暖化のせいか、などと騒がれていたように思いますが、今年もいつまでも寒くならないなあと言っていたのに、木枯らしは急にやってきて、平年より早いし、もみじもきれい。適当に騒いでみても、自然の営みというのは、急に変わるものでもなさそうだなあ。

 この冷え込みで、少々体調を崩してしまったが、今週は家で、読書の秋を堪能することにしました。やっと「ドラゴンライダー」買いました。あまりの分厚さに購入をためらっておりましたが、立ち読みしながら、長らく逡巡していたのですが、文庫本になったので、これなら読めると買ったものの、続編も読みたくなって、結局分厚いハードカバーも購入してしまいました。今、読破中です。感想は来週。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

紅葉狩りにはまだ早い

 突然ドライブに行きたくなって、家族を誘って奈良公園へ。昨日決めたときは、行く気になっていた上の娘は、脱落し、下の娘と3人で行ってまいりました。朝起きて、いいお天気だし今日はグッデイと思いながらも、あそこは込むからなぁと気がついた。そこから、お弁当を作り始めました。で、お弁当もってピクニック。

 只今、国立博物館で、正倉院展をしていて、ただでさえ多い奈良の休日の人出が、もうすご~い状態です。家から現地まで車だと1時間もかからないのに、とめるところを探してもう30分という感じでした。

 少し人の少ないところを探して、公園内でお弁当。わりとゆったりした時間をすごして、正倉院展へ。たくさんの人が行列していたわりには、30分程度で中に入れて、中では好きなように観ることもできてうまく展示してあるなぁというのが第1の感想。でも、それは展示物が少なめであるということでしょうね。

 1250年前のものを目のあたりにする機会なんてそうないから、じっくり見ました。なんといっても、保存のよさに感心しきりです。布地の色の鮮やかさ。鞍橋などの馬具の木材の表面の加工の滑らかさ。デザインの美しさ。それらが今もほとんどそのまま、という状態で歩保存されてきたというのは、すごい。そのころの技術の超一級のものではあるのでしょうが、すでにそのころそこまでの技術力があったということなのでしょうから、う~ん手工芸の技術というのは、個人の技の完成度という面もあるから、どこまでいっても、その時代の最高の技術は、次の時代も個人レベルなら、最高レベルということなのかもしれません。技術の進歩と、個人の手わざのレベルの進歩は比例するわけではないもんなぁ。

 先ほどベランダから上弦の月をみていて、あの月が、1250掛ける365回登って沈んだんだなぁと少々感傷的になりました。地球の歴史にしたら一瞬ではあるのですが、それでも、あの布の紅は、鮮やかでした。

 少し高揚しているナンキンハゼの気もありましたが、まだまだ紅葉狩りには早い奈良公園周辺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

見物するもの

 今日は天気も良くて、出かけたい気分だったので、出来立ての神戸空港を見物に行くことにした。連れ合いを誘ってドライブ。ポートアイランドに入る手前から、本日は一般見学者の駐車場はありませんの看板が並んでいる。それでも、空港への橋を車で渡りたくって、だめでもとで車でわたる。何のことはない150円で駐車させてくれました。当然、一般来場者用(送迎者用)?の駐車場はがらがらです。

 ついてまず最初の感想は「小さ~っ!」。空港の建物の中に入るのに20分ほど並びましたが、入ってからの感想、「何これ?ちゃっちー」ぞろぞろと展望デッキに出てみたものの、飛行機の数も少ないし、離発着も少ないしまぁ、地方空港だから当然なのでしょうが、市営空港ではこの程度かなぁという感じでありました。景色は良かったけど、空港というより、神戸港の施設のひとつという感じです。夕日の名所にはなりそうです。

 オーストラリア旅行記の続き。
 コアラのいた動物園は、熱帯系のオーストラリアの動物が中心でしたが、私がCIMG0151一番気に入ったのがシーウォータークロコダイル。海水系のワニさんです。もうひとつフレッシュウォータークロコダイルという淡水にすむワニさんもいるのですが、これは小さい。海水にすむワニさんは、とっても迫力があって、ジーっと見物していても見飽きませんでした。なかなか、凄みのあるお顔です。爬虫類はそんなに好きではないのですが、オオトカゲや、エリマキトカゲなんかも、日本の動物園にいるより、ずっとのびのびしているように見えたのは、旅行者ゆえの思い込みか。

しかし、あの動物園が観光コースに堂々と目玉として出されるなら、日本の動物園なんて、どこでも、海外に紹介できる観光コースになりそうに思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月26日 (日)

ケアンズで遊んじゃった

 1月の末から、1週間ほどオーストラリアのケアンズに行ってきました。初めてのオーストラリアです。初日の観光でコアラを抱くぞー!!とケアンズ動物園に勇んでいきましたが、くだんのコアラ君、 夜行性の上に、何人もの観光客に抱かれて、うっとうしそーというか眠そうというか・・・。まっ、私が抱っこしたときには、目を開けてカメラを向いてくれCIMG0131ていましたが、連れ合いが抱いたときには、半分以上眠ったような姿でありました。でも、たくさんのコアラがいて、日本でコアラを見に行ったときより、ずっと活動的な姿をたくさん拝見できてうれしかったです。

 うれしかったことといえば、ケアンズは熱帯に属し、今は夏というより、雨季といったほうがいい季節です。私たちがついた日の前日までは、サイクロンなんかのせいもあって、1週間以上雨がひり続いていたそうですが、ついた日から、離れる日までずっと晴天が続き、行った先々で、ラッキーですねといわれ続けました。日程は全部ルンルンでこなせたのでほんとにラッキーでした。日焼け止めとサングラスは離せませんでしたが。湿度や、気温はほぼ日本の夏と変わらなくて、夏の日本は熱帯なんだなぁと実感したのでありました。

 これからしばらく、このフルムーン旅行の思い出話を書こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

竹野へかにツアー

 今年最初の更新です。あけましておめでとうございます。

 七草の祝いをした後、家族で竹野に課にツアーに行きました。大雪の中どうなることかと思いましたが、10年以上毎年通いなれた場所。そこは経験がものをいい、雪の影響をあまり受けず、予定通り無事到着。

  IMG_3236コースは、大阪から、中国自動車道福崎ICから和田山経由竹野行き。雪の季節はこれが一番。カーナビは、舞鶴自動車道福知山ICから山越えを薦めていましたが、これまでの経験から言うと無謀としかいえないなぁと感じていたので・・・。結果は、播但自動車道はほとんど通行止めになっていたものの、一般道は、しっかり除雪されていて、信号も少ないので、まわりに雪はたくさん積もっていたものの、大変快適なドライブでした。(もちろんチェーンは必需品(^^;))今回は、スタッドレスタイヤだったのでほんとに快適。ちなみに、同じ宿に福知山から但東町まわりできたひとたちもいましたが、本当に雪に困ったようでご苦労様でした。わがやも、これまで何度もあっち周りで苦労した経験があるので、なんか命がけって体験も。冬は、カーナビがなんと言っても福崎、和田山ルートです。

 竹野は、風が強くて寒いものの、雪は少なく、雪化粧した町や自然がきれいだなって感じぐらいでしたが、多少雪がつもってても、自転車で往来している人たちに少しびっくり。慣れてらっしゃるんでしょうが、よくこけないものだなぁと感心しました。かには、茹でがに、焼きがに、かにすき、かにさしとほんとにフルコースでご馳走になり、今年の分はもう十分堪能しました。また来年いくぞ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

四国縦断

 9月の連休に琴平から桂浜まで四国を縦断してきました。

1日目IMG_2843
 瀬戸大橋を渡り坂出から琴平へ。参道の長い階段をクリアして、金比羅さんに参拝し、讃岐平野・讃岐富士を一望した気分はなかなかのものでした。お天気にも恵まれて、程よく照ったり曇ったり。これも「日ごろの行い」がものをいったのかなぁ・・・。
  宿も温泉もとっても満足で、町行くひとも親切で、また行きたい町でした。

2日目
 吉野川をさかのぼって、祖谷渓谷へ。かずら橋を目指して、川沿いの車1台が通るのがやっとの細い道路をくねくねと走ります。つれあいのハンドル捌きは、こんなに上手だったの!というくらいスムーズに動き見直してしまいました。いかにも山奥に入るという感じで、かずら橋への期待が膨らみました。
 さて、到着。えっこれ?人・人・人で、ありの行列が途切れずに橋を渡っていくようで、高所恐怖症のPOPPOとしては、渡れるかなあとどきどきしてたのがうそのよう。橋の中央でピースして写真まで撮りました。
 秘境に対する期待感が強かったので少々がっかり。大歩危のほうからだと、観光バスでも来れたのね。

3日目
 高知城に登り、はりまや橋から桂浜へ。来年の大河ドラマに備えて、天守閣はお色直し中でしたが、本丸や櫓も残り、お城らしいお城だなあと感心。
 はりまや橋は道路に欄干と学生時代>見に来た場所の再確認のつもりが、水路に橋がかかっていて、今日も期待は裏切られびっくりです。そうきたか・・・。
 桂浜は台風の余波で波が荒くいかにも太平洋の気分を満喫しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)